事業の国際化や従業員の国際的な派遣の増加により、経営

者の国境を越えた業務に対する情報への高い需要を生んで

います。本ブローシャーはGrant Thornton Vietnamがどのよ

うに貴社のベトナムに対する上記需要にお応えできるかに

ついてお伝えします。

ベトナム国内及び海外の税務及び社会保障に関する法律は

日々変わっています。社員を1人、他国へ出向させる場合で

あっても、本国及び駐在先における税務及び労働法につい

て、多くの疑問が沸くこととなります。

また、ベトナムで設立された企業が外国人を雇う場合、雇

う前に多くの税務、労務上の問題について考える必要があ

ります。

考慮すべき留意点

  • 外国人を駐在・雇用する際にベトナムでの規制の有無
  • 駐在する際の労働契約、出向命令の内容について。
  • 駐在員のベトナムでの税務申告の必要性の有無。
  • 駐在のための引越し費用は課税対象となるか。
  • 二重課税防止協定の適用が出来るか否か。
  • ハイポタックスへの理解、またどういう時に適用できるか。
  • 現地で居住者証明や就労許可証を取る必要があるか。
  • ベトナムでの税務申告や労務管理を行う主体について。
  • 就労許可証の取得が不要な場合は、その旨を証明する書類を

有しているか否かについて。

有望な社員が新規で駐在する場合、駐在員が税務、社会保障、

年金等の問題に直面しないよう会社側がサポートすることが重

要です。また、駐在する際の費用を最小限に抑えられており、

出向命令が本社子会社双方にとって衡平な内容であることも重

要です。